リピート系注文-FX会社

アイネット証券『ループイフダン』の特徴。シンプルだけど癖がある?

アイネット証券が提供しているリピート系注文、ループイフダンの特徴を一言で表すとシンプル・必要最低限なのだが、本当に必要最低限すぎて気を付けるべき点が幾つかある。

理解して使えばローコストで効率的に運用できる一方、分からず使うと想像してたのと違うことになるかも?

そんなループイフダンの特徴をまとめたよ。

ループイフダンは選ぶだけ

ループイフダンは通貨ペア毎に選べる値幅が決められており、その中から選ぶだけの簡単設定

通貨ペア毎の値幅は以下の通り。

 

USD/JPYのみ4通り、他の通貨ペアは3通り、計16通り。これが売買それぞれあるので、実際には32通りのループイフダンが存在する。

※ループイフダン公式には13通りだとか26通りだとかの記述があるが、EUR/USD取扱い開始前のものかと思われる。

例えばドル円15pips刻みのものはループイフダンB15(USD/JPY)と表記する。BはBuy。売りはSellのS。両建てはB/S(両方稼働)と表記するようだ。

ボラティリティを考慮しての設定なのだろうが、せめて100pipsは全通貨ペアに欲しい気も。

 

値幅=利食い幅で固定

さて、選ぶだけと非常にシンプルなループイフダン。実は上記32通りの選択の他には、後述する最大ポジション数以外の設定項目がない

利食い幅はというと値幅と同一で固定であり、変更することは出来ない。

新規注文は50pips幅、利食いは100pips。は、出来ない。これはトラリピはトライオートに出来てループイフダンに出来ないことの一つ。

 

最大ポジション数もまた曲者?

ループイフダンの損切り設定である最大ポジション数設定

その名の通り、最大で保有するポジション数を指定して損失拡大を防ぐものなのだが・・・

例えば以下の条件で設定したとしよう。

ループイフダンB100(USD/JPY)
最大ポジション数=5
USD/JPY現在値=110.00

この時、順調に下落すると・・・5ポジション目まではいいだろう。トラリピと同じような挙動をする。

では、105円まで下落して6ポジション目を保有しようとすると

 

一番上のポジションが損切りされ、105円で買いが建つ。

これが104円まで下落すると今度は109円ポジションが損切りされ、104円で買いが建つ。

つまり、各ポジションの損切り幅は設定できる(と言っても制限的)が、全体の損切りラインを設定することが出来ない

さらにもう一つのクセがあり・・・

 

レート指定ではなく、最大ポジション数の指定なのでレートが上がると損切り発動ラインも切り上げられる

上図のまま107円に突入すると112円ポジションは損切りされる。

つまり、想定レンジという概念がない。下方向にはまだいいが、上の方では買わないという設定が出来ない為、高値掴みリスクが発生してしまう。

 

スタートは現在値成行から

ループイフダンのもう一つの特徴として、稼働させたら即、成行で最初のポジションを持つということがある。(クイックOCO注文というらしい)

100pips刻みだし.000に注文入れたいとかそういうことは不可

.000の手前で折り返すとかそんな可能性を考えるとデメリットとは言い切れないが、個人的にはちょっと気持ち悪い。これは趣味か。

 

まとめ

値幅=利食い固定、選択肢は少なめ
想定レンジという概念がない
現在値即スタート

でも、コストは安い!

こんな人におすすめ

低コストで運用したい!
細かい設定は面倒!
超広で運用するから想定レンジ必要なし!

そんなループイフダン。

なんか文句付けた記事になってしまったけど、コストって意外に大事。

シストレi-NET


リピート系注文におけるコストの重要性:どの程度利益に影響を与えるのか。

ループイフダンにおける最も効率的な通貨ペア・注文幅は?

人気記事

1

ループイフダン、トライオート、トラリピ・・・ 一言にリピート系注文と言っても各社色々なサービスを提供しているが、結局どのサービスが優れているのか。 各のサービスを比較する為の観点と、それぞれのスペック ...

2

2017年1月から僕が運用を始めたシストレ24フルオート。 実はフルオート搭載前のシストレ24は僕が初めて手を出したFXであり、そして大敗を喫した苦い思い出でもある。 とはいえ、これはシストレ24(と ...

3

自動で収益を稼ぎ出してくれる機構として、以前より稼働しているリピート系注文に続きシストレ24フルオートを新年よりスタート! その概要と魅力についてお伝えしていきたい。     シス ...

4

この記事は2018年5月に書かれ、当時のサービス『MSV LIFE』に関連する内容が含まれています。 現在、同サービスは『ON COMPASS』に名称変更され、この記事の記載内容も現行と異なる場合があ ...

5

当ブログで紹介している自動売買、インヴァスト証券のトライオート。 FXのリピート系運用として紹介しているのだが、そのETF版であるトライオートETFの魅力について解説していきたい。 トライオートETF ...

-リピート系注文-FX会社

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2020 All Rights Reserved.